ロレックスをずっと使い続けたいならオーバーホールに出そう

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しく使いやすいものに

ジュエリー

ジュエリーをリフォームすると、古いデザインの物であっても自分好みのデザインに安く変身させることができるというメリットがあり、購入するよりも費用も安くつきます。自分好みのものになれば頻繁にそのジュエリーをつけることができるので、贈ってくれた人にとってもそのジュエリーにとっても嬉しいものになります。

もっと読む

古い宝飾品が家にあるなら

アクセサリー

もう着けなくなった古いジュエリーをリフォームして新しいジュエリーに生まれ変わらせる事が出来ます。特にデザインに制限などはないですから好きなデザインをオーダーして新しいジュエリーに変えるのがお勧めです。

もっと読む

故障の予防と対策をしよう

時計修理

時計の寿命が変わる

スイス製の高級腕時計ロレックスは、1905年に創業されましたが、創業当初は現在のロレックスとは、想像もつかない物でした。懐中時計を主流としていた当時は、生活の利便性を考え腕時計にしようと単純に、懐中時計に皮のバンドをつけたものであったと言われています。しかし現在では常に進化を求めたゆまない努力が実り、世界の高級ブランドであるロレックスとなったのです。大きなきっかけとなったのは、オイスターケースを利用した事と、デイトジャスト機能・パーペチュアル機能を搭載しクロノメーターの認定を受けたことにあります。そんなロレックスは、機械時計であるため、ムーブメント内のオイルが年月がたつと揮発してしまったりするため、定期的なオーバーホールを必要とします。オーバーホールをせずに、故障や狂いがないからと安心してしまうと時折り歯車が摩耗してしまい時計の寿命を縮める事になってしまいますので、オーバーホールは必要不可欠と言えます。また複雑なモデルのロレックスは、オーバーホールをする時間が長くかかりますので事前によく確認することが必要です。

早期発見で故障を予防する

ロレックスは、壊れにくい頑丈なつくりの実用時計でメンテナンスをしなくても動いてしまい、異変にきずきにくいと言った特徴があります。オーバーホールのめやすは、メーカでは3年を推奨していますが、遅れや進みが目立つようであれば早めにロレックスをオーバーホールに出して不具合の改善をすることがお勧めです。そして使用頻度が少なくてもオイルやパッキンは劣化してしまいますので早期に不具合を発見することができます。またムーブメントのパーツを交換するとなると、ロレックスのオーバーホールは高額になってしまう事も時折りあります。日常の手入れから定期的にこまめなオーバーホールを行う方が、何かとお得感があると言えます。最後にロレックスのオーバーホールに使うパーツは全て純正部品が使われていますし、熟練した時計職人が、オーバーホール行っていますので安心しても良いと言えます。価格や料金はオーナー様の価値観で変わってきますので、どこまでこだわるかよく考えて依頼する事が必要と言えます。

再利用で復活

ジュエリー

女性にとっておしゃれに欠かせないアイテムとして、ジュエリーがありますが、家に古いものが眠っていることも良くあります。使えなくなったデザインのものでもリフォームをすることでおしゃれに生まれ変わらせることができます。

もっと読む